ロボアドバイザー

ロボアドバイザーの特定口座と一般口座の違いを徹底解説!

ロボアドバイザーの解説時に、口座の種類を選んでくださいと選択肢がでます。

特定口座?源泉徴収?一般口座?一体何のことやら。

いきなりそんなこと聞かれて選べと言われても困りますよね?

でもこれ結構重要で、選んだ口座によって手間も税金も大きく変わってくるんです。

今回の記事では、ロボアドバイザーにはどんな口座があるのか、メリットやデメリットも含めて解説します。

ロボアドバイザーでかかる税金

ロボアドバイザーの税金は、売却して利益が出たときにかかり、得られた利益の20.315%
が取られます。

具体例を挙げると、投資資金100万円が120万円になった場合、

120万円 – 100万円 = 20万円

20万円 x 20.315% = 4万630円

となり、支払う税金は4万630円になります。結構高額ですね。

基本の計算は至ってシンプルなんですが、口座によって支払う税金のタイミングややるべきことが変わってくるので、違いをしっかり理解しておきましょう。

ロボアドバイザーの口座は何があるの?

ロボアドバイザーには口座が3種類存在します。

  1. 特定口座(源泉徴収あり)
  2. 特定口座(源泉徴収なし)
  3. 一般口座

特定口座(源泉徴収あり)は、税金の計算と支払いを証券会社が全て行ってくれる口座です。金融商品を売却して利益が出た時点で自動的に税金が引き落とされます。

確定申告をしなくても良いので、手間がかからずとても楽です。支払いや計算方法がよくわからないし面倒くさいという人にオススメ。

特定口座(源泉徴収なし)は、確定申告で提出する書類(年次取引報告書)は証券会社が作ってくれますが、確定申告は自分で行う必要があります。

取引履歴や利益の計算はやるけど申請は自分でやってね、という口座ですね。

一般口座は年次取引報告書の作成、確定申告も自分で行う必要がある口座で、一番手間がかかります。

どの口座を開くのがいいのか

初心者であれば、基本的に特定口座(源泉徴収あり)にしておくのが手間もかからず一番良いです。私もロボアドバイザーはこれにしています。

では、特定口座(源泉徴収なし)や一般口座にするメリットはなんでしょうか?

それは以下の条件に当てはまる場合、支払う税金が安くなるからです。

  1. 他の証券会社で発生した金融商品の損益を合計する場合
  2. 前年の損失を繰り越す場合
  3. 年収2000万円以下の給与所得者で、投資の利益が20万以下の場合

理由①: 他の証券会社で発生した金融商品の損益を合計する場合

株や債券、ロボアドバイザーなどの金融商品で損益を出した場合、利益のでている他の証券会社の金融商品と合計して税金計算をすることができます。

わかりにくいので図で解説しますね。

特定口座(源泉徴収あり)では、利益を出した証券会社または金融商品ごとに20.315%の税金がかかります。

証券会社Aで-20万円、証券会社Bで+40万円、証券会社Cで+10万円の損益であれば、証券会社Bで8万円、証券会社Cで2万円の税金を支払うことになります。合計すると10万円の税金額ですね。

対して特定口座(源泉徴収なし)または一般口座では、まずは損益すべてを合計してから、税金を計算します。つまり、損失を出した分の税金が安くなります。

上記の例では、損益の合計が30万円になるため、税金額は6万円になります。

特定口座(源泉徴収あり)に比べ税金が4万円も差がついてしまいました。

確定申告をするのは確かに面倒なのですが、税金にこれだけの差があるとちょっと考えちゃいますよね。

理由②: 前年の損失を繰り越す場合

もし投資がうまく行かず、前年に損失を出してしまった場合、その損失額を翌年、確定申告して、支払う税金を少なくすることができます。

例えば、前年に20万円の損失を出し、翌年は40万円の利益を得たとします。

特定口座(源泉徴収あり)では前年の損益に関係なく、その年の利益から20.315%の税金を払います。この例では8万円ですね。

対して特定口座(源泉徴収なし)or一般口座では、損失を出した翌年の利益から前年の損益分を減らした値から税金を計算します。

つまり(40万円 – 20万円) x 20.315%という計算式になります。これで計算すると4万円の税金ですね。

昨年の損失分だけ税金が軽くなるので、無視できない差になります。

理由③: 年収2000万円以下の給与所得者で、投資の利益が20万以下の場合

年収2000万円以下の給与所得者の場合、給与以外の収入の合計が20万円以下であると、確定申告をしなくても良いというルールがあります。

投資の利益が小さければ、無税になるんですよね。

しかし特定口座(源泉徴収あり)の場合、売却益が出た時点で強制的に引き落とされてしまうので、無駄に税金を払ってしまうことになります。

まとめ

以上が口座の説明です。まとめると、

  1. 手間を節約したいのなら特定口座(源泉徴収あり)
  2. 手間がかかってもいいから税金を減らしたいなら特定口座(源泉徴収なし)or一般口座

と覚えておくと良いでしょう。

ロボアドバイザーは基本的に長期投資でほとんど売買しないため、確定申告の機会もあまりありません。なので特定口座(源泉徴収あり)でも利益は大きく変わらないんですよね。

だから最初は特定口座(源泉徴収あり)で、いろんな投資に手を出して慣れてきたら特定口座(源泉徴収なし)や一般口座に切り替える、という方法を取るのが最適です。

税金は投資をやるなら切っても切れない関係なので、しっかり理解して、無駄に税金を払いすぎないようにしたいですね。