ロボアドバイザー

AIが行う投資?ロボアドバイザーについて解説します

最近よく聞くロボアドバイザーってなんだろう?
今回はロボアドバイザーってどんな投資なのか紹介するね!

近年、フィンテックと呼ばれる金融とITが融合した新しい金融サービスが数多くできていますね。

その中で「ロボアドバイザー」が新しい投資の形として非常に注目されています。

ロボアドバイザーとは一言で言うと、ひとりひとりの資産状況やステータスに合わせてAIが適切なポートフォリオを組んで、全自動で投資をしてくれるサービスです。

通常の投資信託は、数ある銘柄の目論見書を読んで、自分に合った運用方針のものを見つけて投資する必要がありますが、ロボアドバイザーなら運用全てをお任せ。

投資のことなんてさっぱり分からない・・・と思っている初心者にはぴったりのサービスなんす。

本記事ではそんなロボアドバイザーについてメリットやデメリットも含めて説明します。

ロボアドバイザーとは

実はAIが銘柄を選定して自動的に売買を行うシステムというのは、結構前から実用化されていました。

ただ、極一部の超富裕層や証券会社の間で使われているだけで、我々庶民には全く縁が無かったんですね。

それが近年、IT技術の急速な発展とコストダウンによって、手軽にAI技術を使えるサービスが増えてきました。

自分の資産状況に合わせてポートフォリオを作ってくれる

投資は金融商品を1つに絞らずに、ポートフォリオ(保有する金融資産の組み合わせ)を作ります。

ポートフォリオには正解は無く、ひとりひとりの資産状況や年収、年齢、投資方針などにより適切な組み合わせを考える必要があります。

もしあなたが資産を何十億円も持つ超富裕層であれば、証券会社が全力でサポートしてくれるでしょうが、一般庶民には縁のない話で、自分達で決めなければいけないんですね。

ただこれが結構難しい。

何をどう組み合わせればいいのか分からないし、頑張って決めたポートフォリオも正解かどうかは投資してみないと答えがでない。(しかも答えがでるのは数年後)

でも、そんなポートフォリオ作成をロボアドバイザーなら全部自動でやってくれるんです。

ユーザーは会員登録時に、いくつかの質問(年収・年齢・保有資産・投資目的・急落時の対応など)を答えるだけ。

お手軽に自分に合ったポートフォリオを作ってくれます。

定期的なポートフォリオのリバランス

ポートフォリオはずっと同じままにしてはいけません。資産状況の変化や周りの経済状況に応じてリバランス(組み合わせの見直し)が必要になります。

例えば、年収が少なくなったのにリスク資産の割合が多いままだと危ないですよね?

少なくとも1年に1回はポートフォリオを見直して、今の状況に合うように調整しておきくべき。

ただこの作業結構めんどくさくて、結局やらなくなっちゃうんですよね。

そんなポートフォリオのリバランスもロボアドバイザーなら全自動でやってくれます。

投資の基本、長期・積立・分散をサポート

投資で失敗しないための王道は、長期スパンで、コツコツ積み立てしながら、金融商品を分散すること。そうやってリスクを抑えることで、着実に資産を増やすことができます。

金融庁も長期・積立・分散の考え方を勧めていて、次のようなレポートも出しています。

・投資対象と投資時期の分散を行うことで、中長期的に安定的なリターンを実現することが可能

・投資対象をグローバルに分散させることで、世界経済の成長の果実を享受することが可能に

・ 投資時期の分散(積立投資)により、高値掴み等のリスクの軽減が可能に

・ 長期で保有することにより、リターンの安定化が可能に

出典: 金融庁 平成27事務年度 金融レポート

みんな短期で一攫千金を狙って、高リスク商品に集中投資をしようとするんですが、これで勝てる人は極々一部の人だけなんですよね。ほとんどの人は焼け野原になって撤退しています。

初心者はやっぱり王道が一番いいですよ。

その点、ロボアドバイザーなら毎月自動的に口座からお金を引き下ろして投資してくれるので、手間をかけずに積立投資を行えます。 

1月に1回なら自分で金融商品かっても手間かからないじゃん!と思うかもしれませんが、自分でやると意外と億劫になるんですよね。

私も単一銘柄の株式を積立投資しようとしたことがあるんですけど、結局めんどくさくて買い忘れたり、相場に心が左右されて購入を迷ったりして、ちゃんとできなかったんですよ。

淡々と投資するのは簡単そうに見えて本当に難しい。

なので長期でやるなら全自動っていうのはやっぱり大きいです。30年間投資したら取引回数は360回になりますからね。

投資先も米国株・日欧株・新興国株・米国債券・物価連動債・金・不動産など、多くの金融商品にバランスよく分散してくれ、世界中に分散投資してくれるので安心ですね。

ロボアドバイザーをどう使えばいいか

ロボアドバイザーを使った投資は、基本的にAIがなんでもやってくれるので、私たちが何かをすることはありません。

強いて言うなら、AIの邪魔をしないことを意識しておけばいいです。

これはどういうことか説明しますね。

投資の失敗でよくあるのが相場と感情に振り回されてしまうことです。

例えば、株価が下がっているのにも関わらず「もう少ししたら戻るだろう」と考えて損を増やしてしまったり、株価が上がっている時に飛びついて、買った直後に暴落したり。

人間どうしても経済学的に不合理な行動をとってしまうんですよね。

ですからロボアドバイザーでも、ちょっとパフォーマンスが下がったからといって解約するとか、入金額をいじるとか、ポートフォリオをいじったりとか、余計なことはしないで、おとなしくしておきましょう。

投資に関しては、私たちよりAIの方がよっぽど優秀なんですから。

なんなら登録と口座の引き落とし設定だけして、そのままアプリを消して忘れてしまうのもいいかもしれないですね。

ロボアドバイザーの注意点

ロボアドバイザーを使う際に気をつけてほしいのが、元本保証ではないということ。

長期投資・分散投資でリスクが低いと言っても、時と場合によってはマイナスになる可能性もあります。

投資で絶対儲かる!という話は詐欺でしかないですから、元本割れのリスクがあることは理解しておきましょう。

おすすめのロボアドバイザーはどれ?

私がオススメするロボアドバイザーはウェルスナビTHEO(テオ)の2つです。

ウェルスナビについて


ウェルスナビは平成30年5月17日時点で預かり資産額800億円、登録者数9万件と、人気No1のロボアドバイザーです。

サービス開始からたった2年でここまで大きくなった実績は伊達ではなく、2016年1月から2018年9月までの運用利率は最大で+25.2%(!)を叩き出しています。年率で+9.2%くらい。

リスクを最小限にする設定でも+8.6%(年率3.1%)のリターンでそこそこいい感じです。

一般的に投資は年率5%あれば上出来なんですが、このパフォーマンスは半端じゃないですね…

年間手数料も長期割を使えば、預かり資産額の0.90%まで少なくすることができるので、お得に運用することができます。

迷ったら人気No1のロボアドバイザー、ウェルスナビから始めるのがいいですよ。

THEOについて

THEO(テオ) ロボアドバイザー

THEOは日本で一番最初にサービスを開始したロボアドバイザーです。

THEOは最低投資額が1万円(WealthNaviは10万円)と手軽に始めることができることがメリットですね。

お金ないけど投資を始めてみたいという方には、こちらがオススメ。

リターンも最大で年率12%、平均で3.9%の実績があるのでパフォーマンスもばっちりです。

どちらにすればいいか迷うのなら、両方使うのも良い選択肢ですね。

分散投資をするロボアドバイザーを2つ運用することで、さらにリスクを小さくすることができます。

私もWealthNaviに月5万円、THEOに月3万円を運用してますよ。

まとめ

全自動で何から何までフォローしてくれるロボアドバイザー。

初心者にとっては最も簡単で低リスクな投資をすることができる方法です。

最低1万円から始めることもできるのでお金がなくても大丈夫だし、難しい投資理論を知らなくてもOK!

本当にオススメできる投資方法なので、ぜひ試してみてください!

要点まとめ

  1. 自動でAIがポートフォリオを作ってくれる。
  2. 周りの状況に合わせて銘柄の組み替えをしてくれる。
  3. 長期・積立・分散投資を自動で行ってくれる。
  4. ロボアドバイザーはWealthNaviとTHEOがオススメ。